マーケティングオートメーションの特徴

マーケティングオートメーションは、デジタル領域における販売促進や業務の効率化を目的にしたITシステムです。データの連携などITを使った営業や販売をサポートしています。マーケティングオートメーションをすることで、見込み顧客の収集と購買意欲の刺激・商談につながる顧客の抽出が可能です。そして、効率的に業務を進めることで他の仕事にも取り組め、生産性や業績の向上が期待できます。

スコアリング機能とは?

マーケティングオートメーションの機能として「スコアリング」があります。これは、顧客の行動を数値化し、スコアにすることです。スコアリングを行うと、一定条件を満たす顧客の抽出ができるようになります。例えば、何度もホームページを閲覧している人は、刺激を与えれば購入してくれそうな見込み顧客です。このような見込み顧客を絞り出してから、リード管理をして、個別にアピールする場合もあります。見込み顧客を営業候補に育てるには、メール配信やリード管理機能を組み合わせ、アピールを続けることが重要です。この作業を、リードナーチャリングといいます。

マーケティングオートメーションを成功させるポイント

マーケティングオートメーションの導入を成功させるためには、導入目的を明確にすることが大切です。導入によって、何を実現したいかを考えるといいでしょう。また、導入することで、業務の自動化や効率化ができるかを考えるのも重要です。そのためには、導入目的に合った機能を検討し、それに合ったシステムを探すようにしましょう。

便利なマーケティングオートメーションですが、デメリットもあります。導入しても使いこなせず、逆に仕事が増えてしまうというデメリットが代表的です。