水没したスマホの応急処置

もしもスマホが水没した際には、先ずスマホ本体に付着している水分を丁寧に拭き取りましょう。水分が付着した状態のまま放置していると、水分が内部へと侵入してしまい、故障の原因となりやすいです。次に、ヘッドフォンや充電器の差し込み口をチェックしましょう。これらの小さな穴は、水没に伴って水分が溜まりやすいです。ティッシュペーパーで紙縒を作り、水分を除去しましょう。また、直ぐにSIMカードとSDカードを取り外すことも大切です。万が一スマホ本体にトラブルが発生していたとしても、SIMカードとSDカードに不具合が起きていなければ、データの消失を免れます。

尚、手早く水分を取り除くためにドライヤーを使用することは控えましょう。ドライヤーの温風をスマホに当てた場合、水が至る所に入り込み、状態が深刻化しかねません。乾燥を試みる時は、太陽の光に当て、自然乾燥させましょう。但し、気温が高い状況下では、スマホが急激に熱を帯びて故障するリスクが高まるため要注意です。その他、乾燥剤とチャック付きのポリ袋を用いる方法も有効です。ポリ袋にスマホと乾燥剤を入れ、袋の中の空気を抜いてチャックを閉めます。この状態で放置しておくだけで、手間なく乾燥させることが可能です。

復旧しない時にはショップを頼ろう

水没したスマホが一向に復旧しない時には、速やかにショップを訪れ、修理を頼みましょう。修理代金は契約内容によって異なりますが、5000円以上かかるケースが一般的です。過失が故障の原因となっている場合、修理に高額な費用がかかる可能性を否めません。

スマホ修理をするときは、自分で修理できるレベルなら自分でするのが一番安いでしょう。次に修理依頼をするなら、キャリアよりも町の修理店が安いです。